WORK SHOP #1|手作りブレスレット&アンクレットで春を先取り

COSUGI COBOでは、「あたらしい何かにふれ」「みんなでかんがえ」「たくさんはなしあい」「あたらしい文化をうみだす」という趣旨のもと、月に4~5回、女性やお子様を対象としたワークショップを開催していきます。これから武蔵小杉では、このような気軽に参加できるワークショップの機会や場所をもっともっと生み出し、街を盛り上げていきます!

今回のような女性を対象としたワークショップでは、ゆくゆくはワークショップで作成したものをカフェの木製BOXに飾ったり、販売したり、教わる立場から教える側になり、ワークショップを開いたりと参加されている方々が自発的に情報を発信していける場所になればと考えています。

 

手作りブレスレット&アンクレットで春を先取り 〜ワタシクリエイトワークショップ vol.1 〜

3月21日土曜日、COSUGI CAFEに併設されているCOSUGI COBOで、初めてのイベントが開催されました。午前の部は「手作りブレスレット&アンクレットで春を先取り」。代々木上原にあるアクセサリーとシューズのお店「Ye Olde Haunt」の田嶋由美子先生をお迎えして、アクセサリーづくりに挑戦しました。

初対面同士の皆さんでしたが、まわりの人と道具を貸し合い、教え合ううちに、自然と会話が生まれます。話題は、地元・武蔵小杉のおいしいレストランやお店の情報交換など。同じものに興味がある人同士だから、話も自然と盛り上がります。

 

「何を刻印する?」「こんな感じでいいんだよね?」なんて会話が聞こえてきて、とっても楽しそう。さっきまで「はじめまして」だった参加者の皆さんが、いつの間にか、わいわい盛り上がり「CONVIVIAL」な雰囲気が生まれていました。この日作ったのは、天然石を使ったアクセサリー。好きな石を選んで仕上げるアクセサリーは皆さんそれぞれのお洋服やご本人の雰囲気に合っていて、個性が光っていました。

 

19名の皆さんが集まった、第1回のワークショップも無事に閉幕。物づくりを通じて、コスギに集まる人の輪が広がっていくのを実感しました。ここに参加した人がまた新しい人を連れてくる、そんな人と人との連鎖から、コスギの新しい文化が生まれてくるのだと思います。街が徐々ににぎわっていく様子が今から楽しみです。

PR