WORK SHOP# 55 | ワンポイント刺繍でオシャレなイニシャルを作ろう!

「ワンポイント刺繍でオシャレなイニシャルを作ろう!」

〜ワタシクリエイトワークショップ vol.19〜

COSUGI COBOでは女性向け、親子向けのワークショップを毎月開催しています。参加者の皆さんに多様な価値観のヒト、モノ、コトに触れてもらい、一人ひとりの心の中にある自分の大切な何かに気づける場所を目指しています。

 

8月6日は「刺繍屋すずきち」の、すずきち先生を講師に迎え、ハンカチにクロスステッチでオリジナルのイニシャルを刺繍しました。

 

まずは、ハンカチ選びからスタートです。H TOKYOさんの上質なハンカチが、COSUGI COBOにずらっと並べられました。白いハンカチだけでも4種類あり、よく見るとうっすらと刺繍が入っていたり、模様や質感が違っていたりと女性のハートをくすぐります。皆さん、どれにしようか迷いながらも、思い思いのハンカチを選びました。

 

次は、ご自分のイニシャルをシートに描いて下準備をします。アルファベットの文字によって、刺繍しやすい順番があるので、左右、もしくは天地のどちらから刺していくかの目安にするため、線を引いておきます。

 

ここまでできたら、好きな色の糸を選びます。何色か糸をハンカチにあてながら考えられる方、「結局、いつも好きな色を選んじゃうのよね〜」とご自分の好きな色を選ばれる方など、皆さん悩みながらも、楽しんで、好きな色を選んでいました。

 

さあ、いよいよ刺繍をしていきますが、糸を針にとおす前にワンポイント!

刺繍は、糸が長いと、どうしても途中でからまってしまったり、ダマになってしまいます。そこで、糸を自分の腕にあてて、肘までの長さで切ります。そうすると、刺繍がしやすい長さになるそうです。

また、ハンカチ刺繍のポイントは、玉止めをしないこと。ハンカチは薄いので、玉止めをしてしまうと、肌触りが悪くなってしまうのだとか。玉止めしなくても刺し終えた後に、裏側で数回糸をくぐらせるだけでしっかり留まり、洗濯してもほどけないそうです!

 

先生が、特製の大きなボードと、太めの毛糸を使って、クロスステッチの刺し方の順番を説明してくれました。その後は、いよいよ刺繍を始めます!抜きキャンバスという、網状の糸でできたガイドをハンカチにあて、それをもとに上からアルファベットを刺繍していきます。

 

下から上へ、を繰り返していくクロスステッチ、自分なりの規則を見つけてやっていくことがポイントだそうです。おしゃべりも交えつつ、皆でチクチク夢中になっていると、あっという間に終わりの時間です。イニシャルを縫い終えたら、抜きキャンバスの糸を抜いて完成です!

 

今回も、お子さま連れの方がたくさんいたので、とても賑やかな会になりました!最近は、ミシンで簡単にできてしまう刺繍ですが、手縫いでも、クロスステッチだとのんびりとした時間を楽しむことができます。参加者のみなさんは、周りの人とおしゃべりをしながら、ゆったりとした時間を楽しんでいただけたようで、とても嬉しいです。

 

これからも、COSUGI COBOが地域の皆さまのつながりの場となるよう、様々なワークショップを企画いたします。はじめての方も、お気軽にご参加お待ちしています!

次回は、9月15日(木)です。

お申し込みはこちらから → http://everevo.com/event/31825

 

PR