WORK SHOP# 64│「マステでつくる、お菓子入り☆おうち型のアドベントカレンダー!」

「マステでつくる、お菓子入り☆おうち型のアドベントカレンダー!」〜ワタシクリエイトワークショップ vol.22〜

 

COSUGI COBOでは女性向け、親子向けのワークショップを毎月開催しています。参加者の皆さんに多様な価値観のヒト、モノ、コトに触れてもらい、一人ひとりの心の中にある自分の大切な何かに気づける場所を目指しています。

 

クリスマスまで1ヶ月となった今回は、クラフトプランナーのコクボマイカさんを講師に迎え、マスキングテープで簡単にアレンジできる、お菓子入りのアドベントカレンダーを作りました。

 

最近は、お店でも見かけるようになったアドベントカレンダー。12月1日からクリスマスまでの24日間、日にちが書かれているカレンダーを毎日ひとつずつ開けていきます。開けるたびに小さなプレゼントやお菓子が入っているので、クリスマスまでの長い時間をわくわくしながら楽しむことができます。

 

今回作ったアドベントカレンダーは、画用紙を折ってお菓子を中に挟むだけの簡単なもの。お子さまとも一緒に楽しめるのが特徴です。口に含んでも安心な素材で作られている、マークス社のmasté(マステ)を使って、小さなお子さまもママと一緒に仲良く作りました。

 

先生から作り方の説明を受けた後は、マステ選びからスタートです!

作り方はとてもシンプルなのですが、お好みの柄や作るパーツによって、幾通りもアレンジができます。正方形1枚で窓にしたり、2つをずらして重ねて星にしたり、三角に切って、3つ重ねてツリーにしたり……と、変幻自在です。中には、ツリーにシルバーの丸いシールを貼ってデコレーションされている人もいて、それぞれ個性が光っていました!

 

最初の数個は、皆さん迷わずに作られていましたが、数が24個もあるので大変です!途中でデザインに悩んだら、飲み物を片手にお隣同士おしゃべりをしたり、先生のサンプルを参考にしたりと、まわりの人同士協力しながら、それぞれのアドベントカレンダーができました!

 

今回も、お子さまと一緒に参加してくれた方や、リピーターの方がたくさん来てくださいました。「家だと1人で作れないので、ここに来たら一緒に作れると思って参加しました!」というお声もいただき、ますます人とのつながりが育まれる場になってきているのだなと、実感することができました。COSUGI COBOを通して、みなさんの交流の場が生まれていることをとても嬉しく思います。

 

これからもCOSUGI COBOが地域のみなさまのつながりの場となるよう、さまざまなワークショップを開催していきます。はじめての方も、お気軽にご参加お待ちしております!

 

PR