WORK SHOP#63 | こどもまちCOBO ワークショップシリーズ 「MESHをつかって新しいスポーツをつくろう!」

th1610161

毎月1回、COSUGI COBOで開催されている、こどもまちCOBO。10月のプログラムは、「MESHをつかって新しいスポーツをつくろう!」です。MESHとは、誰でも簡単に電子工作やプログラミングをはじめることのできるツールのこと。新しいテクノロジーとスポーツをかけあわせて、体と頭を動かして「運動の秋」をたくさん楽しみました。

 

MESHってなに?

MESHとは、LEDの光やスイッチ、動きなど、いろいろな機能を持つ電子ブロックのことです。タブレットのアプリ画面上で、ブロックのアイコンをドラッグ&ドロップするだけで、しゃべらせたり、動かしたり、光らせたりと、いろいろな働きを加えることができます。(http://meshprj.com/jp/

 

まずはMESHで遊んでみる

あたらしいスポーツをつくる。そのスポーツのアイデアの元になるのが「MESH」です。みんなでMESHを自由にさわって、どんなことができるか?を遊びながら、体験していきました。

 

新しいスポーツをつくるって?

新しいスポーツをつくるには、新しいルールや新しい道具が必要です。何人で遊ぶ?どんな道具があると楽しい?好きな遊びやスポーツとMESHを組み合わせると、どうなる?子どもたち同士でアイディアを出し、試行錯誤を繰り返しながら、形にしていきます。

 

いろいろな新しいスポーツが集まった「へんてこりんピック」

みんなが考えたスポーツは、プレイする人や、それを見ている人が思わず笑顔になってしまうようなゲームばかり!そんな新しいスポーツを集めて、「へんてこりんピック」を開催しました!

 

ボールをサッカーのように、ゴールへ入れる新しいスポーツ。ゴールが決まるとタブレットから歓声が出て、試合を盛り上げてくれます。背中についているボールには、「振動タグ」が入っていて背中のボールを100回カウントすると試合終了。審判が持っている「ボタンタグ」を押すと「LEDタグ」が光って教えてくれます。

 

「振動タグ」がついたスティックをひたすら振るゲーム!でも、タイミング良くスティックを振らないとカウントされない、コツのいる新しいスポーツです。合計30回振り終わると、「LEDタグ」の光と音で知らせてくれます。

 

「振動タグ」を手に持って、その場で早く50回振った方が勝ち!シンプルだけど、とても盛り上がります!

 

狙いを定めて、ビー玉を転がして「振動タグ」を倒す技巧派の新スポーツ。「振動タグ」が倒れると「5点!10点!!20点!!!」という声で、お知らせしてくれます。

 

寝そべってスタートしたり、その場でジャンプしたり、いろいろな障害をクリアしながら、ゴールを目指すレース!でも、このレースは身体能力が高いだけではダメなのです。

 

「ボタンタグ」を10回押して、「LEDタグ」を開いたら、最後の障害は、3つの紙コップから1つだけある「当たり」をみつけてゴール!当たりだと音が鳴ります。身体能力だけでなく、頭も使う新しいゲームが生まれました。

 

今回のワークショップを通じて、子どもたちは新しいテクノロジーと出会い、アイデアを形にするために考え、作り、試行錯誤し、発表することを経験しました。発表では、新しいスポーツを作るときに、工夫したところや難しかったところ、楽しかったことを伝え、お互いに共有しました。「そんなふうにMESHを使ったんだ!」「こうしたら、もっとおもしろくなるかも!」同じ時間を共有した子どもたちのアイデアは、ワークショップが終わったあとも、どんどん広がっていきました。

 

次回のプログラムで、子どもたちはどんな不思議に出会い、その仕組みを研究していくのでしょうか? 次回もお楽しみに!

 

PR