WORK SHOP#7|ブックトークカフェ 「新しいことを始めたくなる本」

ブックトークカフェ #2 〜みんなで育てるまちの図書館〜

COSUGI COBOで月1回開催している「ブックトークカフェ」。だれでも気軽に語れる「本」を通じて武蔵小杉の人々がつながり、知的刺激にあふれた時間を共有する。そんな場をご提供しています。

さて第2回となる今回のテーマは、新学期・新年度の4月らしく「新しいことを始めたくなる本」です。日差しも暖かな日曜日の午後に集まった方々は、会社員やママさん、地元の雑貨屋さんなど多彩な顔ぶれ。ひとり一冊の「おすすめ本」を持ち寄って、早くもお隣同士で交流が始まります。簡単な自己紹介のあと、さっそく本の紹介ワークショップにうつりました。

「新しいことを始める」と一口に言っても、その内容はさまざまです。たとえば、歳時記にそって日本の伝統行事やレシピを紹介している本を紹介してくださった方は「知らなかった行事や料理が、季節ごとに紹介されていて、ついやってみたくなっちゃうんですよね」とのこと。きれいなイラストに吸い寄せられるように、テーブルから身を乗り出して本を眺める皆さんの様子が印象的でした。

 

さて、実は大事なのは休み時間だったりします。それぞれが持ち寄った本をテーブルの上に並べてコーヒーを片手に語り合える時間は、与えられた10分の中で語るのとは違って自由に交流できる機会です。本の話だけでなく、共通の友人を見つけてびっくりしていたり、武蔵小杉のまちの情報を交換して新しい発見があったり。笑顔の絶えない「CONVIVIAL」な時間となりました。

 

本の紹介が終わったあとは、恒例の「植本」を行います。COBOに併設されているCAFEの本棚に、本を寄贈していただきました。「この本に合った場所は、どこかな…?」と話しながらご自身の本の居場所を探す様子を見ていると、この場所が「みんなの場所」になっていくことを実感します。

 

イベント後、また賑やかになったカフェの本棚。お客さんが何気なく本を手にとり、思い思いに読んでくださっている風景を見ることができ、とても嬉しい気持ちになりました。皆さんが本を通して交流を広げるのと同時に、OH!SUGI!は知を蓄え、カフェに足を運んで頂いた方々にさらに知を伝達していければと願っています。次回の開催は5月23日を予定しています。テーマは「こどもにプレゼントしたい絵本」。 皆さまのご参加、お待ちしております。

PR