WORK SHOP#11|ゆるりと楽しむお抹茶レッスン

ゆるりと楽しむお抹茶レッスン〜ワタシクリエイトワークショップ vol.5 〜

COBOでは女性向け、親子向けのワークショップを毎月開催しています。お仕事・子育てなどに追われがちな日常で自分自身をみつめる時間をつい後回しにしてしまいがちですよね?COBOのワークショップは、多様な価値観のヒト、モノ、コトに触れていただき参加者の心の中にあった自分の大切な何かに気づける(思い出せる)場所を目指しています。

4月30日、COSUGI COBOにて、ゆるりと楽しむお抹茶レッスンを開催しました。 今回は90分間のお茶レッスンで、お茶を二服点てました。「簡単な所作を押さえて、カジュアルに楽しみましょう!」と講師の珠乃さん。ゆっくりと深呼吸をしたら、ワークショップの始まりです。

最初の一服は、自分のために抹茶を点て、心にゆとりを育みます。「美味しくな~れ」とおまじないをして、みんなでシャカシャカ茶漉しを動かします。まだまだ緊張が解けず、静かにお菓子とお抹茶を召し上がる皆さん。「おしゃべりしても大丈夫ですよ!」という先生の声に少しずつ笑顔が見えてきます。

 

お抹茶を飲み終わった後は、口をつけた部分を指で拭き、最後にお椀の絵柄などを眺めます。人に対してと同じように、お道具に対しても敬意や感謝を込めて接するのですね。茶道を通じて、人と人とのつながりについても改めて意識する時間でした。

 

二服目はお隣同士でお抹茶を点て合いました。みなさんの間に楽しそうな会話が飛び交います。「一服目よりおいしいね」と言い合う参加者の方には、「相手の気持ちを一緒にいただくからでしょうね」と先生。相手に淹れてもらったお茶は、自分で淹れた時よりも不思議とおいしく感じられます。

 

お一人で参加された方が多かった今回のワークショップですが、終了後には、隣同士のお二人が、一緒に会場をあとにする姿も……。「どんな方が来るのか不安だったけど、いい方に出会えたわ~」と、今日の感想を聞かせてくれました。

COSUGI COBOでまたひとつ、CONVIVIALな場が生まれ、新しいつながりができたようです。

PR