WORK SHOP#14|ブックトークカフェ 「こどもにプレゼントしたい本」

【子連れOK】ブックトークカフェ #3 :「こどもにプレゼントしたい絵本」 

COSUGI COBOで月1回開催している「ブックトークカフェ」。だれでも気軽に語れる「本」を通じて武蔵小杉の人々がつながり、知的刺激にあふれた時間を共有する。そんな場をご提供しています。3回目となる「ブックトークカフェ〜みんなでつくるまちの図書館〜」は、「こどもにプレゼントしたい本」をテーマに開催しました。さまざまな形やカラフルな絵本が床いっぱいに広がり、こどもたちの参加もあり、いつもとは少し違った雰囲気となりました。

 

自己紹介のあとは、絵本の紹介タイム。子育てをきっかけに絵本の良さにあらためて気づいたという方や、普段から学校図書館で読み聞かせのボランティアをしている方、家に唯一あった思い出の一冊を寄贈しに来てくださった方、「選びきれなくて」と4〜5冊も持ってきてくださった方など、たくさんのエピソードの交換がありました。絵本は、多くの人にとって、生まれて初めて手にする本。それだけに思い入れはひときわ深いようです。子どもたちも、お気に入りの本を見つけて手にとったり、「この絵本のここが好きなの!」と一所懸命アピールしてくれたりと、笑顔あふれるひとときになりました。

 

絵本の話というと、お母さん同士など、なんとなく固定した関係の中にしか分かち合う機会がないように思いがちですが、こうした「場」があれば、いろんな世代や立場の方と出会うことができます。

 

最後は、いつものように「植本」タイム。COSUGI CAFE内の大きな木に見立てた本箱に今回も10冊を超える本が寄せられ、また蔵書が増えました。トークライブでご登壇いただいたまちライブラリーの礒井純充(いそい よしみつ)さんも著書を寄贈してくださいました。自分の本があることで、本を通して人と出会うことで、少しずつこの街への愛着が生まれる。知的な交流によって、武蔵小杉ならではの文化が育まれていく。まちの担い手が目覚めていく。それが「みんなでつくるみんなの図書館」の目指すところです。COSUGI CAFEにお越しの際は、ぜひ気になる本を手にとって寄贈者からのメッセージを読み、ご自身のメッセージを追加していっていただけたらうれしいです。

次回は、6月21日(日)13:30〜
テーマは【心に晴れ間を。じんわり感動が残る小説あつまれ!】です。
皆さんに紹介したい「小説」をお持ちください。ご参加お待ちしております。
◎詳細・申し込み>>http://everevo.com/event/23387

PR